美容の化粧品といえばipsコスメティックス

スクラブ入りハンドソープ

毎日を楽しむためのコスメティックス外から帰ってきてせっけんで手を洗ってみたけど、いまいち落ちた感じがしない時がありますね。
冬場は定期的にとらないと、手の角質が厚くなってしまってガサガサすることもあります。

そんなときに良いハンドソープをお探しの方は、コスメティックスの
スクラブ入りのハンドソープを使ってはいかがでしょう。

コスメティックスには非常に小さな粒が配合されていて、
これが擦り取るように角質を取り除き、がさがさなお肌をなめらかに替えてくれます。
油汚れのあるお皿を洗った後も、油分をしっかり落としますので、さっぱりします。

小さな粒じたいは天然素材なのでお肌にやさしく安心です。
配合された保湿成分が洗い流した後のお肌をすこやかに保ちます。


コスメティックスは小さな粒で擦りあげて洗うために、あまりゴシゴシすると
お肌を痛めることがありますのでやさしく丁寧に撫でるように洗いましょう。

スクラブ

手をなめらかなお肌にしたいという方はコスメティックスのスクラブ入りで洗ってみてください。

特に冬などの寒くて肌が乾燥しやすい時期は、念入りにスキンケアをすることで
年間を通して美しい肌でいられるのです。

ハンドケアの歴史!江戸時代には既に手作りオイルが存在していた!?

ハンドケアは、品質の良いハンドクリームなどが出回り、今でこそ一般的です。
特に冬やオフィス環境により、手の乾燥に悩む人が多くなっていますので
ハンドケアはつい最近の美容手法と思われがちですが、意外にもその歴史の長さに
驚かされるかもしれません。

ハンドケアの歴史は江戸時代にさかのぼります。
江戸後期の美容本である『都風俗化粧伝』では、「どんなに顔形、化粧がよくても、
手足が荒れていたり、指が太く爪が伸び、垢がたまっていては興ざめする」と書かれており、
ほっそりしなやかな手が良いとされていました。

ですので、ハンドケアにも力を入れていたのです。

使われていたのは、里芋や牡蠣の殻です。
これを粉にし、溶かしたものを手作りオイルとして使用していたようです。

そして明治時代になると、欧米から新たなハンドケアの手法が入ってきました。
それはハンドクリームによるマッサージであったり、マニキュアと言った
現在と変わらない方法でした。

当時の上流階級の女性たちは、欧米流のダンスや握手を求められる機会が多く
美しい手が大切だと言う意識が芽生えていき、ハンドケアの重要性をかみしめていたようです。

いつの時代も、整った手はあこがれであることがわかります。

どんなコスメティックスを選べば良いかわからない…


乾燥が気になる時期などに良いコスメティックスを求めているなら
ipsコスメティックスの石鹸と美容液を使ってみて下さい。

シンプルケアで効果も高いipsコスメティックスの美容液には
肌のメカニズムに合わせた成分の配合がされているため
どんな肌質の方でも使いやすく評判です。

美しくなりたい