美容の化粧品といえばipsコスメティックス

基礎から見直すスキンケア

毎日を楽しむためのコスメティックス 美容のために、IPSコスメティックスを利用する人が増えてきています。
美しい肌を手に入れるために大切なことは、長期的な取り組みをするということです。

毎日コツコツと継続してケアを続けることはもちろん。
どんな化粧品を使うかということも非常に重要なのです。

美肌に

化粧品などを一時的に使っても、あまり効果は見込めないのです。
使用する化粧品を決めて、ある程度の期間は継続していくことが必要なのです。

日本で初めて作られた水銀原料のおしろい「はらや」

古来より「色の白いは七難隠す」といいますが、今も昔も特に日本人の女性は肌を白く見せることに熱心です。
現在では日焼けを防いだり美容液で素肌を白くするスキンケアが人気ですが、昔は兎にも角にも肌に何かを塗って白く見せる化粧が主流でした。

その色白肌を演出するために使われていたのが「おしろい(白粉)」です。
白粉は中国から日本に入り、713(和銅6)年に国内での生産が始まりました。

原料には、鉛(亜鉛)と水銀の二種類があり、どちらも焼いて白い粉状にするという製法が用いられました。
鉛を使ったものを「はふに」、水銀を使ったものを「はらや」といいいます。

和銅6年の「はらや」国産化で公家社会の女性たちの間に広まったおしろいは、時を経て江戸時代になると使用者層が拡大します。 遊郭で働く女性と歌舞伎役者に大量消費されるようになるのです。
江戸時代はとにかく肌は白いほど美しいとされていたのです。 また、この時代には伊勢白粉と呼ばれる白粉が上等品とされていました。

洗顔

化粧品にとって重要な選択

化粧品について考える場合、基礎化粧品の選択を間違えないことが大切です。
基礎の部分から着実に整えていかないと、美しくはなれません。
基礎化粧品として評価が高いものが、IPSコスメティックスなのです。
IPSコスメティックスが注目されている最大のポイントは、
洗顔をする際に高い効果を発揮するという点です。

近年、IPSコンディショニングバーという商品が人気を集めています。
IPSコンディショニングバーは、弾力性のある泡が特徴で、メイクの汚れ、
酸化してしまった皮脂、角質などをスッキリ落としてくれる洗顔ソープです。


肌に優しい成分が豊富に配合されているため、肌の強さに自信の無い女性でも、
安心して使用することができます。


IPSコンディショニングバーを使用すれば、本来の潤い・弾力を取り戻し、
透明感あふれる美しい肌へと変わっていくことができるのです。