美容の化粧品といえばipsコスメティックス

髪の悩み

毎日を楽しむためのコスメティックス

髪にダメージがある方、髪にコシやハリがなくなってきた方、
細い髪が目立ってきた方はシャンプーを替えてみてはいかがですか。

コスメティックスのモロッカンオイルを使用したシャンプーなら
髪を育てる成分がすぐに髪に浸透し、なめらかで艶のある髪へと導いてくれます。シャンプー

モロッカンオイルとはモロッコの南西部のみに生育するアルガンの木の実から
抽出した高級植物油で、別名モロッコのゴールドとも呼ばれています。

トリートメント

コスメティックスに含まれるビタミンEは、髪の毛の成長に必要な酸素と
栄養を与える頭皮の毛細血管を痛めてしまう過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。

ビタミン類は髪の十分な成長に重要な役割を果たしているのです。
コスメティックスのモロッカンオイルにはそんな抗酸化作用があるビタミンEが
オリーブオイルの2倍~3倍も含まれていて、最近では海外セレブの間で愛用されて話題になっています。

コスメティックスのシャンプーは髪にボリュームを与えてくれるのでスタイリングがしやすくなると人気です。

ipsコスメティックスのシャンプーにも、ビタミンEが含まれています。
レスベラトロールというipsコスメティックス独自の原料が配合されているため
しっかりと保護しながら、美しい髪へと導いてくれます。

また、ipsコスメティックスのトリートメントと合わせて使う事で、
理想的な艶やかな髪を育ててくれます。

気になった方はipsコスメティックスのヘアケア製品を試してみて下さい。
スキンケア製品と併用して使う事で、よりその効果が高まると考えられています。

ポイントは〇〇っぽい質感!昔のベースメイクの主流と変化は?

昭和50年代後半から60年代のメイクといえば、素肌っぽい質感を目指すメイクが
主流となっていたことから、基本的に化粧下地を塗るというよりも
リキッドファンデなど保湿ケアが行えるタイプのファンデーションを肌に使用し、
最後におしろいでテカリを抑えるといった仕上がりをメインにしていることが多かったようです。

昔のメイクというと、肌をとにかく白く見せることをメインしていた時代なので、
それに反発して、厚塗り感のないナチュラルメイクが若い女性を中心に
若々しさの象徴として人気となった時代の流れがあります。

実際に、昭和50年代後半から60年代に販売されていたファンデーションには
パウダー、ケーキ、リキッドの3種類がありました。

その中でもリキッドファンデは少量で伸びがよく、厚塗りにならない点が
大きな魅力に感じた女性が多いようです。

更にメイクを引き締めるポイントメイクも、ナチュラルをベースにして
知的に大人っぽく仕上げる方法が人気でした。