ナチュラルコスメティックスの評判をチェック

毎日を楽しむためのコスメティックス肌状態を整える為には肌質に合うコスメティックスを使用する事が
大切になります。

特に敏感肌になっている場合にはコスメティックス(IPSコスメティックスの製品)選びに注意しなければいけません。

敏感肌の場合ですと刺激に弱くなっていますので、
コスメティックスに含まれている成分によって強い刺激を感じ、
皮膚トラブルを発生させてしまう事があります。

敏感肌の原因は?生活環境の悪化によるバリア機能の低下に注意!

敏感肌は明確な定義があるわけではなくて様々な症状が出る場合があります。
使用する化粧品などが原因になる事が多いのですが、使っていなくても
症状が出てしまう場合があります。

アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患があると、外部からの刺激で
赤みやかゆみなどの症状が出てしまいます。

肌は水分をしっかり保持していれば、内部に刺激が伝わりにくく敏感肌の症状は出ません。
バリア機能がしっかりと働いていなくて水分が逃げてしまっていると症状が出てしまいます。

生活環境やホルモンバランスや生活習慣の悪化で肌のターンオーバーが崩れてしまうと、
バリア機能が崩れてしまう場合があります。

一見関係無いようですが、掃除をしないでダニが発生していると
アレルギー症状が起きてしまう場合があります。

住まいの環境は清潔にしておく事は非常に大事です。
紫外線やホコリなどの一般の人では、全く問題にならない刺激でも
症状が起きてしまう場合があるので、そういった状況を避けて生活する事も大事です。

現代女性の約70%が問題を抱えていると言われている中で、高齢になった時に
若々しさを保つ為にもきちんとした対策を練る必要があります。

刺激を受けない化粧品で水分保持をしっかりする事が大事です。

 

敏感肌に合ったコスメティックスとは?

敏感肌の場合には、刺激の弱いコスメティックスを選ぶ必要があります。

そこで役立つのがナチュラルコスメティックスです。
植物などの自然由来の成分によって作られていますので、
ケミカル成分のように強い刺激になってしまう事がありません。

しかし、ナチュラル系の商品というのは数多くありますので、皮膚トラブル
どの商品が良いのか迷ってしまう事も少なくありません。

そんな時には評判をチェックしてみると良いでしょう。
口コミなどを見る事で利用者の感想を知る事ができますので
どの商品の評判が良いのかを簡単に把握する事ができますし、
商品選びの参考にできます。

評判の良いコスメティックスといえば、IPSコスメティックスが挙げられます。
ナチュラルコスメを謳っているわけではありませんが、
どんな肌状態の方でも安心して使えるように研究し尽くされていることは
間違いありません。

IPSコスメティックスの美容液は非常にシンプルで、コンディショニングバーと合わせて
わずか2ステップでケアが完了してしまうと言う優れものです。

また、IPSコスメティックスを利用することで、ヘアケア製品やサプリメントも
まとめて揃えることができる点では非常に便利で嬉しい部分だと言えます。
ですのでぜひ、活用してみて下さい。

商品選び

 

「化粧品」の定義は国で違う!日本の化粧品とは

化粧品はあまりにも身近にあるものなので、その定義を考えたりすることは少ないかもしれません。
ですが、化粧品の定義がその国によって違うことは、特に海外から個人輸入したものなどによって、
肌トラブルが多く報告されることからも理解できます。

そのため、化粧品の定義をよく知っておくことで、使用する製品を選ぶうえでメリットがあるといえるでしょう。

日本でいう「化粧品」は医薬品医療機器等法の第2条第3項で定義されていますが、
かみ砕いて表現すると、人の体を清潔にしたり、美しく見せたり、皮膚や髪の毛を健康的に保つために
体につけるもののことを言い、人体への影響が大きくないものであることとされています。

そして具体的な製品としては、メーキャップ用の化粧品や基礎化粧品、ヘアトニックや香水、
歯磨き・シャンプー・リンス、せっけんや入浴剤などの体を洗うものなども含まれているようです。

化粧品の定義

こう考えると化粧品の定義は範囲が広く、生活で使用する多くのものが
化粧品とされていることがわかります。

また、通常の考え方で化粧品とされるものにも、医薬品医療機器等法
第2条第3項で表示されている趣旨を反映した製品が多いことがわかります。

その中でも最近よく耳にするものの一つに、アンチエイジングの効能を
うたったものがあるのをご存じの方も多いことでしょう。

さらには、皮膚や髪の毛などに長時間つけているものであることから、
人体への影響を極力抑えて皮膚トラブルの問題を避けるよう、自然由来の
成分を使用した製品も多く見られます。

化粧品は生活に身近なものであるため、食品と同様、体に与える影響と
ともに、ニーズが大きく、宣伝での効果も大きく作用するものです。

市場規模も大きいため、参入する企業も多く、だれもが知る大手メーカーから、
使用する素材にこだわりを持つ中小メーカーなど幅広いすそ野を持つ業界といえるでしょう。

販売経路も、百貨店からドラッグストア、通信販売や個人輸入など多様化しています。

日本では法律で定義されていることで、成分や内容量、製造元や販売者・輸入業者などの記載が
必須とされていて、消費者が守られるメリットがあります。

半面、個人輸入をしたり、個人輸入を代行する業者を通して購入する場合は、法律に違反して
いる場合もあるため、注意が必要ですし、国や都道府県などでは監視を強めている実態があります。

これらのことをよく理解したうえで使用する製品を選択すると、トラブルが最小限に抑えられる
ことでしょう。


「医薬部外品」って何のこと?薬用化粧品との違い

化粧品のラベルを見ると横文字の成分などとともに、「医薬部外品」という言葉が書かれて
いるのを見ることもあるでしょう。

これらの表示も法律できちんと定義されています。

薬事法という法律で定められており、その目的の中には、吐き気などの不快感や口臭・体臭などを
防いだり、あせもやただれを防止したり、脱毛を抑制し育毛に貢献したり、除毛することが挙げられます。

さらには、人や動物の保護のために、ネズミ・ハエ・蚊などを防いだりのぞいたりできる機械類以外の
ものであることも特徴です。

これらの点は、製品の種類とともに、使用目的の範囲と原則的な剤型(形状)、効能や効果の範囲が
明記されています。

よく知られるパーマ液などを例にとってみると、製品の種類は「パーマネント・ウェーブ用剤」、
使用目的は「毛髪のウェーブ等を目的とする外用剤」、主な剤型は「液状・ねり状・クリーム状・
粉末状・エアゾール・粉末状・打型状の剤型」、効能または効果は「毛髪にウェーブをもたせ、 保つ。
くせ毛、ちぢれ毛又はウェーブ毛髪をのばし、保つ。」と記載されています。

そして販売するためには、厚生労働大臣の許可が必要になることもポイントです。

成分表示

また、「薬用化粧品」という記載もよく見るものですが、医薬部外品の種類の一つで、
本質が化粧品的なものとなります。

予防を含めた薬用効果がうたわれるもので、化粧品類似のものとされ、薬用化粧品としての
承認が必要になります。

この承認を得ることは、販売側にとってメリットとなるといえるでしょう。

メリットの理由は、成分などを厳密に審査して承認を得た製品であることの信頼感を
打ち出せることと、効果・効能を表現できる点にあります。

効果・効能の記載ですが、たとえば日焼け止め剤については「日やけ・雪やけによる肌あれを防ぐ、
日やけ・雪やけを防ぐ、日やけによるしみ・そばかすを防ぐ、皮膚を保護する」ことです。

そして日焼けによるという表現は「メラニンの生成を抑える」という表現をすることが
可能な場合もあるようです。

宣伝には効果的であるものの、注意すべき点もあります。
薬用の化粧品は品目ごとに承認がされているので、承認された範囲内で宣伝することとなります。

それで、基本的には厚生労働省が定めるガイドラインにのっとった仕方で広告が出されます。

広告規制が厳しく適用されるので、製品の特性や承認を受けた効果・効能などについて
よく理解・確認して宣伝することとなり、消費者にもわかりやすくなるようです。